挑戦記 2004

〜 Road to Policy School 〜

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 勝手にネーミング  伝わってこそのこと >>

最近の様子

ひさしぶりの更新になってしまいました。
とりあえず、簡単な近況報告を。

変な話なのですが、1週間くらい前からやっと
就職活動だけに集中できる環境になれまして、
毎日浮き沈みしながら就職活動をしています。

早く意中の企業から内定をいただきたいものです。


就職活動をしていると、色々と考えさせられます。
悔しい思いや自分がどうしようもない存在に思える
こともあります。

一方で、すごい意欲がみなぎって、怖いもの知らず
になれてしまうときもあります。

昨日、大学以来の友人と多くの話をしました。
自分を捉える時に、現在(いま)の視座と将来の視座
があること、なんかを自分に言い聞かせるように
しゃべっていました。

正直、不安の気持ちが強いからそんなこと熱弁して
たんかなぁ、とも思います。

一方で、今日は自分が必死になって研究している
ローカル・マニフェスト関連の集まりに行ってきました。
そこには、色々な立場の人がいました。
議員さん、シンクタンク職員、出版社職員、学生。
それぞれの経歴も多彩なものでした。

どこに就職するかも大切なこと。
将来、自分がどんな仕事を手がけられているかも
大切なこと。

そして、将来までの道のりは自分で色々味付けをして
いけることを、強く感じました。

今、ヒーローみたいに思える人。
イチローだったり、佐藤琢磨だったり、重松清さんだったり。
他にも多くの憧れや目標にしたい人はいるけれど、
当たり前だけどその人達もそこまでに色々な経験、
積み重ねがあったこと忘れちゃいけないな〜、と思った
次第です。

そういう、意志さえあれば年を取るにつれて
可能性は低くなるかもしれないけど、
挑戦を続けられるってことを、僕もだし、
他の人も自分のものにできれば、「希望格差」とか
言われてる現状が変わっていくのかな、とか、
おっきなことまで思っちゃいました。

てかね、階級固定って、なんだろ歴史の軸でみたら
今の状態なんかそこまでひどくないのかもな、とも
いえる気がします。
 →まぁ、これはこれ以外の視点も当然あるので、
  その部分はまた違う日に、きちんと書きたいな、と
  思いますが。


記事を読んでもらうとわかっていただけるように、
正直強い不安を抱えているような状態です。
なんですが、怖くて次の一歩が踏み出せなかったり、
就活もうや〜めた!、となるような状態でもないです。

とりあえず、やりたいことはあるんで、それに近づける
場所への入場券をもらえるように頑張ってこようと
思ってる次第です。

なんにせよ、僕は元気です!

以上、近況報告でした。
- | comments(0) | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


TRACKBACK

TB URL :: http://matsuribito2.jugem.cc/trackback/149
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>