挑戦記 2004

〜 Road to Policy School 〜

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 恥ずかしい…  今日はマニフェストについて >>

歴史の違い、かぁ…

何の話かっていうと、「市民社会の歴史」についてです。
確かに、日本のNGOやNPO(実際には、法人になってない団体なんか
も含めて、シビル・ソサエティと言うようです)の様子と、
トクヴィルの「アメリカの民主政治」に書かれているアソシエーション
の力強さを比べると、ねぇ。
あ、ちなみに日本の市民活動の現状を知りたい人にはこんなの
ありますよ。↓
[ http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h16/01_honpen/index.html ]

なんで、こんなことを思ったかというと、この間対人地雷廃絶を
目指したオタワ・プロセスの活動に関わっていた先生授業を受け、
当時の話なんかを聞いたからなんです。

以下、簡略版の先生とのやり取り。
Q.国際政治の場面で語られるNGOなんかと、その国内版とも言える
 NPOなんかの間では、組織基盤とかの面で大きな開きを感じる
 のですが。
A.それはありますよね。
 その違いは「市民社会の歴史」による部分が大きいかな。
Q.でも、例えば江戸時代の寺子屋や篤志家の活動に代表されるように
 日本にも市民社会の歴史がある、という見方。
 また、欧米は宗教活動の影響が大きい、という見方もありますが。
A.そういうのはあるだろうけど。
 大局的に見たときに、その間口の広さなどに大きな差がある、と。
 また、市民社会の歴史性という面では差がありますよね。
Q.そうすると、日本にはまだ時間が必要だと。
A.時間が必要ですよね。それが全てではないけれども。


ん〜、今NPO活動などに臨んでおられる方、がんばってください、
としかいえないです。すごい、敬意を持ちますけど。
もちろん僕も、イベント参加や寄付とかできることはやっていきます。
やっぱり、市民社会のレベルアップって、大切なことなんで。

さて、話の焦点をちょっと変えて。
この授業で学んだこと。
・インテレクチュアル+NGO'sがグローバルイシューズ対策の
 スタートとなること。
・ゴルバチョフの登場が冷戦時代が一気に終結に向かっていくこと
 になったように、政治的リーダーの影響力には大きいものがある
 こと。
・「Ploblem to Issue」の流れ。
 "Issue"になるということは、政治的テーブルにあげるということ。
 ここでは、「何を選ぶのか」ということが問題になる。
・「モメンタム」の重要性
   →モメンタム:時期、機運の高まり
・国家が動くということは、そこに「利」があるということ。
  →これを認識した上での行動を。
・「小さくても、みんなでやりましょう」(国連的姿勢)と
 「やる気のある人、やれる人だけでやります」(オタワプロセス)
 の選択。
・外交の2つの次元
 Track1:通常の外交ルート
 Track2:専門家やNGOなど、権限はないけれども"Issue"に精通した
     ひとたちが議論、発表したもの。
     非公式の外交
・官僚に働きかけても効果は薄く、政治家を動かせば物事は大きく
 動く、こと。
  →改めて、「決める人=政治家」ということを認識
・「外交の民主化」
   →アカウンタビリティの発生、プロセスなどの情報公開の
    進展
   →アクターの多様化:プロセスの透明性も高まる


それ以外の授業で紹介された面白い言葉とか。
・権力は腐敗する。絶対的権力は絶対に腐敗する
・川を渡っているときに馬は取り替えない。
・世論調査の胡散臭さ。
  →デルフォイ法との比較。事情を知っていることの価値を
   どれだけ重視するかの選択
・国家予算の「PLAN→DO→SEE」のサイクルは3.5年周期。
 90年代の日本は平均1年ちょっとのペースで総理が交代。
 自分が組んだ予算の検証段階では政権にいないことがポイント。
  →無責任な態度を取りやすく、赤字国債が大量に溜まった
   ことの原因では。
・地方自治体の活動量多いのは、日本とカナダ。
 でも、日本は決定権を地方が持っていないため、量は多いが
 質は低い。

そんなかんじで、しばらく書けていなかったここ何日かの勉強した
ことでした。
- | comments(0) | trackbacks(3) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


TRACKBACK

理とは…
トラバしました。内容は学びです。今回は、武道から学んだことを書いています。ビジネスのこともほんのちょっとだけ書いています。よろしくお願いします。
毎日が学び at 2005/06/12 4:50 AM
ディスクロージャーとアカウンタビリティ
金融自由化が進み、収益チャンスが拡大し同じ定期預金でも銀行によって利回りの違いが...
知って得する豆知識 at 2007/03/23 7:05 PM
emulatore gameboy advance
歴史の違い、かぁ…
emulatore gameboy advance at 2007/04/30 12:39 PM
TB URL :: http://matsuribito2.jugem.cc/trackback/79
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>